2018年08月27日

レボリューション

月1回投与するだけ!フィラリア・ノミダニを同時予防できます。
経口薬が苦手なペットに最適な垂らすだけのスポットオンタイプです。
ノミの卵や幼虫にも効果を発揮し、ノミの再寄生を予防します!

レボリューションは、ノミの成虫を駆除し、卵の孵化を1ヶ月間防ぐことができます。
ノミの感染を防ぎ、犬糸状虫によるフィラリアの予防、回虫、の鉤虫症、ミミヒゼンダニの感染を防ぎます。
感染しやすく、様々な被害をもたらす「ノミ」「回虫」「ミミヒゼンダニ」の駆除に効果的です。
レボリューションは、内部と外部寄生虫の両方に効果がある唯一の駆除剤です。
ノミの成虫の駆除だけでなく、ノミの卵や幼虫にも効果を発揮し、ノミの再寄生を予防します。
大切なペットを狙う主な寄生虫の駆除と予防が、この一本で行える、便利で簡単なお薬です。

レボリューション超小型犬用

レボリューション超小型犬用

月に一度季節を問わずご使用できます。
首の後ろ辺りの肩甲骨の間に、お薬を垂らすだけの簡単投与です。投与箇所の周りの毛を良くかき分け、きちんとお薬が皮膚につくようにしてください
シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。
適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

レボリューション超小型犬用

レボリューション小型犬用

レボリューション小型犬用

月に一度季節を問わずご使用できます。
首の後ろ辺りの肩甲骨の間に、お薬を垂らすだけの簡単投与です。投与箇所の周りの毛を良くかき分け、きちんとお薬が皮膚につくようにしてください
シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。
適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

レボリューション小型犬用


レボリューション子犬子猫用

レボリューション子犬子猫用

月に一度季節を問わずご使用できます。
首の後ろ辺りの肩甲骨の間に、お薬を垂らすだけの簡単投与です。投与箇所の周りの毛を良くかき分け、きちんとお薬が皮膚につくようにしてください
シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。
適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

レボリューション子犬子猫用


レボリューション中型犬用

レボリューション中型犬用

月に一度季節を問わずご使用できます。
首の後ろ辺りの肩甲骨の間に、お薬を垂らすだけの簡単投与です。投与箇所の周りの毛を良くかき分け、きちんとお薬が皮膚につくようにしてください
シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。
適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

レボリューション中型犬用


レボリューション大型犬用

レボリューション大型犬用

月に一度季節を問わずご使用できます。
首の後ろ辺りの肩甲骨の間に、お薬を垂らすだけの簡単投与です。投与箇所の周りの毛を良くかき分け、きちんとお薬が皮膚につくようにしてください
シャンプーなどは、レボリューションの効果を保つため、適用後2時間以上あけてからにして下さい。
適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。ご利用・ご用法は獣医師の指示に従ってください。

レボリューション大型犬用
posted by zeppin at 00:15| Comment(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミルベマイシンA錠

毎月1回の経口投与で、犬フィラリア症を徹底ブロック!
犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫など、お腹の虫も駆除
ミルベマイシンオキシムが有効成分のお薬!

犬のフィラリア(犬糸状虫)症の予防を行います。
犬の消化器内に寄生する犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫を駆除します。
有効成分ミルベマイシンオキシムが神経細胞や筋肉細胞における神経伝達作用に障害を引き起こし、寄生虫を死に至らせます。
体重5~10kgの小型犬用のお薬です。体重10~20kgの中型犬用、体重20~40kgの大型犬用もございます。

ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用

ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用

フィラリア症の予防
犬の体重5~10kgあたり、1錠を毎月1回、1ヵ月間隔で経口投与してください。 投薬期間は、蚊の発生から蚊の発生終息1ヵ月後までの期間になります。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬回虫、および犬鉤虫の駆除
犬の体重5~10kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬鞭虫の駆除
犬の体重2.5~5kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.5~1.0mg)

ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用


ミルベマイシンA錠5mg中型犬用

ミルベマイシンA錠5mg中型犬用

フィラリア症の予防
犬の体重10~20kgあたり、1錠を毎月1回、1ヵ月間隔で経口投与してください。 投薬期間は、蚊の発生から蚊の発生終息1ヵ月後までの期間になります。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬回虫、および犬鉤虫の駆除
犬の体重10~20kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬鞭虫の駆除
犬の体重5~10kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.5~1.0mg)

ミルベマイシンA錠5mg中型犬用


ミルベマイシンA錠10mg大型犬用

ミルベマイシンA錠10mg大型犬用

フィラリア症の予防
犬の体重20~40kgあたり、1錠を毎月1回、1ヵ月間隔で経口投与してください。 投薬期間は、蚊の発生から蚊の発生終息1ヵ月後までの期間になります。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬回虫、および犬鉤虫の駆除
犬の体重20~40kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬鞭虫の駆除
犬の体重10~20kgあたり、1錠を1回経口投与してください。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.5~1.0mg)

ミルベマイシンA錠10mg大型犬用

posted by zeppin at 00:12| Comment(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

ハートガードプラス(カルドメック)

日本名カルドメックと同一商品のハートガードプラス。
月に一度おいしい角切りビーフ味のお薬を与えるだけです。
主成分イベルメクチンがワンちゃんをフィラリア症から守ります。

「ハートガードプラス」はチュアブル(おやつ)タイプのフィラリア症予防薬です。
犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能です。
嗜好性の高いビーフ味です。( 国内の臨床テストでは、93.4%の犬が自ら摂取し、投与不可能な例はありませんでした。)
投与が苦手な飼い主でも、犬にストレスをかけることなく簡単に投与可能です。
カルドメックチュアブルPは、日本と世界のトップブランドです。
ハートガードプラスは日本では「カルドメック」として販売されています。
日本で販売されている「イベルメック」はカルドメックのジェネリック医薬品で、ハートガードプラス(カルドメック)がブランド品です。有効成分は全く同じとなります。

「カルドメック」と「ハートガードプラス」は同じメーカー(メリアル)、同じ有効成分の、全く同じお薬です。 しかし、日本国内では「カルドメック」という名前で販売されており、海外市場では「ハートガードプラス」という名前で販売されています。 パッケージも日本国内の商品「カルドメック」と違うため、最初は戸惑う方もいらっしゃいますが、販売市場が違うだけの同一商品ですので安心してご利用いただけます

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

嗜好性の高いチュアブルタイプですので、そのまま与える事ができます。
小さく分割して少量の餌やおやつに混ぜて与える事も可能です。

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用


ハートガードプラス(カルドメック)中型犬用

ハートガードプラス(カルドメック)中型犬用

嗜好性の高いチュアブルタイプですので、そのまま与える事ができます。
小さく分割して少量の餌やおやつに混ぜて与える事も可能です。

ハートガードプラス(カルドメック)中型犬用


ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用

ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用

嗜好性の高いチュアブルタイプですので、そのまま与える事ができます。
小さく分割して少量の餌やおやつに混ぜて与える事も可能です。

ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用



posted by zeppin at 11:43| Comment(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする